読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうも、あゆすぎです。

人生いろいろ。とりあえず、一般的な人生は歩んできたと思うのでここらでドロップアウトして自由に生きてみようと思います。真面目な話は半分以下ぐらいにしておきます。

Amazonの偽サイトのトップ画面が本物とうり二つなので注意。

社会・ニュース

フィッシング詐欺サイトがまた出たようです。

 

 

 

Amazonの偽サイト「https://t.co/tI2Os9O98A」の被害者が広まっているみたいなので注意喚起。アドレスバーみないとほとんど見分けが付かないので、間違えてもパスワードなどを入れないで下さいね!個人情報抜かれますよ pic.twitter.com/Vc2B941EGB

— とくめい (@tokumewi) 2016年4月18日

 

偽サイトに飛んでみましたがウィルスソフトにも引っかからない。

 

でサイト画面がこちら。

 

f:id:ayusugi:20160419090958j:plain

 

 

どうでしょう。

 

偽サイトと言われてみると確かにちょっとおかしいかな?

と思う程度ですが・・・

 

タブレットの商品紹介とか、

プライムチャンネルの紹介とか、

 

ぱっとみ手が込んでいるように見られます。

 

さすがに商品ページまでは作りこんでないようなので

商品をクリックするとエラーページっぽい表示が。

f:id:ayusugi:20160419091110j:plain

 

中国語で・・・

念のため天安門広場とおまじないを唱えておきましょう。

 

注意点

で、注意しないといけないのがサインアップのボタン。

 

こちらがフィッシング詐欺用となっているみたいで

アカウント名パスワードなど個人情報を聞き出してきます。

 

絶対に入力しないように。

一応、本物との見分け方は、

サイトのアドレスが違います。

 

h ttp://amazon-co-jp.pw  → 偽

h ttp://www.amazon.co.jp/ → 本物

*リンクしないようにhの次に半角スペースを入れています。

 

ぱっと見似てますね。

 

2月にあった偽サイトは確か.coで終わってたので

もうちょっと近付いたのでしょうか。

 

wwwが入っていると文字の羅列がかなり近くなるので危ないですね・・・・

 

h ttp://www.amazon-co-jp.pw → 偽

h ttp://www.amazon.co.jp/  → 本物 

 

今のところほぼ間違える方はいないと思われる作りですが、

徐々にクオリティーが上がってきてるようで怖いです。

 

念のためフィッシング詐欺にあってしまった方は

 

クレジットカード、銀行の通帳などの番号を入力してしまった。

 → クレジットカード会社、銀行に連絡、

   フィッシング詐欺の相談とカードの番号停止

   パスワードの変更

   請求の取り消し

   などをしっかりと行い、

 

その後、警察、国民生活センター、または消費生活センターへの連絡

 

インターネットの利用率が増えるとクレジットカードなどの番号の入力の警戒度が薄れるのでご注意を。

 

詳しい詳細がのっているサイトのリンクを張り付けておきます。

japan.norton.com

 

4/19追記

ほぼ間違えることはないだろうと推定しましたが、

あれから調べてみるとかなりの被害が・・・・・・

www.rbbtoday.com

ワンタイムパスワードなどの対策も練られてますが、

これもフィッシング詐欺の元になりそうな・・・・

一番いいのは一度オフライン、コンビニなどでプリペイドカードを購入して使うのが被害の拡大を防ぐ面では一番効果的なような気がします。